FC2ブログ

【学生向け】情報処理技術者試験攻略!おすすめ書籍を紹介【Iパス~高度】

どうも、カズズ軍曹です。
今回は、私が今まで使ってきた、情報処理技術者試験の教本を紹介していこうと思います。
学生の私が合格できた書籍なので、情報処理技術者試験を受けようと思っている学生の方におすすめしたい書籍となっております。

実績

私が今まで合格してきた経歴をまずお話します。
2015年2月 ITパスポート合格
2015年6月 基本情報技術者試験合格
2017年6月 応用情報技術者試験合格
2017年12月 情報処理安全確保支援士試験合格
現在、ネットワークスペシャリスト受験中

応用情報だけ1度不合格になりましたが、それ以外は一発合格でした。
IT技術に興味があって趣味で資格勉強をしていたため、楽に勉強できたというのもあるのですが、やはり書籍の力は大きかったと思います。

対象の科目

この記事の対象科目は以下の通りです。

-ITパスポート
-基本情報技術者試験
-応用情報技術者試験
-情報処理安全確保支援士試験
-ネットワークスペシャリスト

ITパスポート、基本情報技術者試験、応用情報技術者試験

これらは全て1冊のみで突破しました!
全て同じシリーズなのでまとめて紹介します。
技術評論社の合格教本シリーズです。


名前からしてみてもすごいオーソドックスですよね。
この本、とてもわかり易いんですよね。
ITパスポートを読み始めた時はパソコンに興味があるだけでIT技術などは全く知らなかったのですが、著者のジョークと解説のわかりやすさですんなり理解することができました。
私が読んだのは27年版ですが、大きく内容は変わっていません。
基本情報の合格教本だけ著者が違います。でも特に大まかな構成に変化があるわけではないため、そこまで気にしなくて大丈夫です。

一つ注意しておきたいのは、この本だけで基本情報技術者試験の午後対策は出来ません。
基本的な技術を問われる問題などは対応できますが、表計算やプログラミングに関する問題などはここに書かれていませんので、別途用意する必要があります。
私はC言語を既に勉強していたのでC言語で突破しました。C言語を最初に勉強するのにおすすめな本はこちらになります。


プログラミングの処理を図で分かりやすく教えてくれます。初学者がよく躓くポイントもトコトン分かりやすく解説してくれています。
この本を一通り読んで過去問に挑戦してください。

情報処理安全確保支援士試験

高度試験は1冊だと心配なので、複数本読みました。
教科書、ポケット本、試験対策本という3本柱で本を選びました。

教科書ポジションに当たる本は、さっき紹介した合格教本です。


著者は変わっていないため、今まで通りの感覚で読むことができます。

次に、持ち歩くためにポケット本として購入した本は、次の本になります。


同じ技術評論社から出ている本です。
合格教本の内容を網羅してますが、要点だけを絞った解説を行ってくれます。
何よりも手軽に持ち運べる大きさなのがポイントです。
手軽に持ち運べすぎて1回無くしました( ;∀;)

最後に、試験対策本として購入した本は、次の本になります。


この本の速効サプリというコーナーが試験対策にとても効果的です。
過去問を網羅しており、その傾向から出されやすい問題を集中的に対策できます。
午後の解答例も提示してもらえるため、繰り返し行えば解答の仕方は難なく身につくと思います。

ネットワークスペシャリスト

ネスペは他の試験と比べて一筋縄ではいかないほど難関です。
なので、ネットワークの基礎から学べる本を複数購入してみました。

   

まずは、情報処理安全確保支援試験の時と同じこの3冊です。

読み終わった時点で過去問を解いてみたのですが、ネットワークの基礎知識が足りてないなと思ったので、こちらの本を購入してみました。


ネットワークで使われている技術一つ一つが図解で分かりやすく解説されています。
分かりやすいのですが、技術ごとの解説になっているため、これ単体で読むのは体系的に理解できないためおすすめしません。
他の教本を読みながら、分からない技術が出てきたときにこの本を見てみると理解の手助けになってくれることでしょう。

 

ネスペ受験者ではおなじみの本です。
入門編と書いてあるので、基本的な事項の解説本となっていますが、「TCP/IP」の入門本となっているので、この本をネスペ対策で一番最初に読むのはちょっと難しいかもしれません。
合格教本の内容が入っていれば、苦もなく読み進めれられると思います。

ステップアップを図るため、こちらもネスペ受験者ではおなじみのシリーズを購入。
午後対策が出来る貴重な本です。


ネスペの基礎力では午後試験を解くために必要な基本的な知識を身につけることができます。
ネスペの魂やネスペの剣などの本は、1冊に1年分の過去問しか収録されていないのですが、解説のボリュームが半端じゃなく充実しています。間違いなく午後の得点力を伸ばしてくれます。
ネスペの魂に29と書いてあるのは、29年度の過去問が収録されているという意味です。一度過去問を解いてみて、解説が見てみたい問題があった場合購入してみると良いでしょう。


一通り私が使用した本を紹介してきました。
興味が湧いた本が見つかったでしょうか。
本は買って損はないので、ぜひみなさんも手にとってみてください!
それでは、また。
プロフィール

カズズぐんそー

Author:カズズぐんそー
岡山県在住の情報工学系の大学生です。
情報処理安全確保支援士試験合格。
麻雀とゲーム制作、低貸スロが趣味の自由人です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
スポンサーリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: